推進議連会長として奮闘!
旭区の連合町内会長始め、旭区のみならず多くの市民の皆さんから強い要望がある
環状鉄道の延伸ですが、関わる行政区の超党派の推進議員連盟会長として、
林横浜市長をはじめ、菅内閣官房長官に対しましても強く要望し、実現に向けて
最大限の努力をしています。
2012年10月26日 第189回神奈川県市議会議長会定例会
2012年8月28日 横浜ラポール開館20周年記念式典
2012年8月16日 指定都市議長会
2012年4月16日 姉妹都市サンディエゴへの訪問
2012年6月20日 平成24年横浜市幼稚園大会
2012年5月17日 仁川市桂陽区議会議員団表敬訪問
続きは こちらから
公式行事

認可保育園である「あゆみ保育園」を設立いたしました。
その一助として、社会福祉法人恵泉会の理事長として、2012年6月、地元旭区に
私自身も長年にわたり地域の子育て支援の充実に力を入れてまいりました。
加えて、総合的な待機児童対策を行っています。
横浜市では平成25年4月の待機児童解消を目標に、従来の保育所整備等に
待機児童の解消
「特別自治市」創設に向けた要望を
菅官房長官に提出 (2013/02/05)
お問い合わせ/連絡先
佐藤茂事務所 241‐0021 横浜市旭区鶴ヶ峰本町1‐1‐6 第2吉原ビル2階
Tel: 045-954-0001  Fax: 045-954-0002

「相鉄・JR・東急」直通化、東部方面線の推進

指摘されています。また税財源の配分の問題が横浜市の成長の足かせとなっています。
現在の政令指定都市制度においては、道府県と市が同じ仕事をする二重行政の弊害が
こうした現状を打破し、横浜市が日本の経済を牽引する役割を果たすために、私は新しい
大都市制度のあり方として「特別自治市」構想を提唱しています。
特別自治市構想
高齢者が生き生きと健康で暮らすことが重要です。そして、介護が必要になっても、住み慣れた家庭で暮らすことができるように、気軽に受け入れてくれる短期入所の施設整備や、訪問医療や看護が行き届く社会づくりを目指し、政策提言を進めています。

環状鉄道 市営地下鉄4号線を中山から二俣川へ延伸!

アップル社を誘致することができたように、企業誘致を積極的に進め、中小企業基本条例を活用し、市内経済の活性化をはかります。また、働く意欲を持つ高齢者がいつまでも働くことができるような社会づくりに努めます。
佐藤茂の基本政策
自民党市議団団長時代、議会主導の事業仕分けを行い、市民参加の公の場で税金の無駄遣いに斬り込みました。その結果、幾多の無駄な事業は廃止させ、民間に移譲できることは任せ、市が継続して行う事業でも改善を要求し、財政健全化の道筋をつけました。その後、昨年自民党主導で財政健全化条例を制定し、首長が甘い予算計画をしないように歯止めをかけていますし、私も厳しく見ていきます。
私の取り組み
安心して子育てのできる旭区に!
東部方面線推進を現菅官房長官と力を合わせ進めて参りました。
相鉄・JR直通化は、平成31年4月開通予定です。新宿・渋谷へ乗り換えなし。
鶴ケ峰から新横浜へ行くのに10分で、大変便利になります。遅滞なくこの
直通化事業が行われるよう、周辺整備に尽力しています。
横浜経済の活性化と雇用の安定   
保育所待機児童の解消は優先課題です。産みやすく育てやすい環境を
整えるための課題解決に向けて、諸施策を総動員する事、そして、必要に応じ
条例を制定し、支援策を充実させていきます。
財政健全化に努めています
高齢者介護質の向上へ